新着!!トピック

LET’S TRY!

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メディア ネット ニュース テレビ 映画・・・。 ネットに溢れる様々な情報をザクザクローディング!
メディア 情報サーチ
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
[20070919]
Netvista M41 Slim(42J)(128MB.17TFT.XP)
(これまでの yomoyomoの「情報共有の未来」はこちら)「Web 2.0」という言葉ももはや手垢がつきまくっており、改めてその言葉を正面から論じるのにためらいを覚えますが、日本では梅田望夫氏の『ウェブ進化論』と西垣通氏の『ウェブ社会をどう生きるか』を両極として、ここ二年ほどで「Web 2.0」を主題に据えた数多くの書籍が刊行されました。本国(?)アメリカでも、インターネットの情報伝達能力と双方向性に草の根ジャーナリズムの可能性を見るダン・ギルモアの『ブログ 世界を変える個人メディア』、ブログを通じた企業と顧客の対話の重要性を訴えるロバート・スコーブルらの『ブログスフィア アメリカ企業を変えた100人のブロガーたち』、そして企業が顧客を巻き込むオープンなマスコラボレーションを主題とするドン・タプスコットらの『ウィキノミクス マスコラボレーションによる開発・生産の世紀へ』など、Web 2.0 という概念を好意的に見、主張の拠り所とする書籍が多いのは日本と同様の傾向です。それだけに、インターネットが可能にする個人のエンパワーメント、参加型メディア、集合知といったあたりをまとめて批判するという評判のアンドリュー・キーン『The Cult of the Amateur: How today's Internet is killing our culture』の刊行は、もちろん当方自身の立場とはかなり異なるとはいえ、個人的に楽しみでした。「アマチュア崇拝」という題名は、能天気な Web 2.0 礼賛の風潮に冷や水を浴びせたニコラス・G・カーの The amorality of Web 2.0(日本語訳)の中から採られたもので、「今日のインターネットがいかに我々の文化を殺しつつあるか」という副題も強烈です...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




[テレビ関連ブログ記事]
関連のブログ最新記事はありません

[テレビ関連の無料のレポート情報]
音楽配信レポート「勇者の剣」

Crystal-Dragonことクリドラのオリジナル曲「勇者の剣」の音楽配信
レポートです。
この曲は友人同士で作ったPCゲーム用の曲で、「少年が魔物と戦い平和
を取り戻す」という内容に合わせた曲調で、メロディアスで親しみやす
く、…

ミネラルはなぜ必要なのか

このレポートは、わたしたちの身体になくてはならない栄養素ミネラルについて書かれています。

日々の仕事に追われ、あるいは、
テレビや、新聞、インターネットの情報洪水のなかで、
多くの人は、健康に生きるためのノウハウを見失い
軽視し…



スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
Top
http://medianet.blog103.fc2.com/tb.php/900-6feed694
HOME
copyright © 2005 テレビ ラジオ メディア情報 all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
ブログ内検索

キャンペーン



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。