新着!!トピック

LET’S TRY!

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メディア ネット ニュース テレビ 映画・・・。 ネットに溢れる様々な情報をザクザクローディング!
メディア 情報サーチ
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
[20070914]
(4552)Norma Jeaneノーマジーンレディースブラックダイヤル8238
――セカンドライフ考察編(10)(濱野智史の「情報環境研究ノート」」第14回より続く)
■15-1. 「サイバースペース」という空間的隠喩――「サイバースペース」はなぜそう呼ばれるか前回からの続きです。前回筆者は、とりわけブログやSNSといったネットワーク的世界に縁遠い人々にとって、セカンドライフという「仮想空間型」のサービスは「わかりやすい」ものに見えるのではないか、と指摘しました。ブログやSNSは、「リンク」が複雑に絡み合ったリゾーム状の「わかりにくい」世界であるのに対し、セカンドライフは、現実の世界を模倣した「わかりやすい」世界だというわけです。以上の仮説は、先ごろ上梓された東浩紀氏の『情報環境論集』(講談社BOX、2007年)に収められている、「サイバースペースはなぜそう呼ばれるか」(連載は1997年~2000年)という約10年前に書かれた論考に大きな示唆を受けています。この論考で東氏は、そのタイトルに端的に示されている通り、次のような問いを立てています:いわゆる電子的なネットワーク上には、「サイバースペース」と呼ばれるような「空間」は物理的に存在しておらず、実際に存在するのは、「情報とその流通の支持財、すなわち電話線やアンテナやモデムやチューナやコンピュータの集積でしかない」(前掲書P.214)にも関わらず――前回までの言葉を使えば、そこにはなんらかの「関係性≒リンク≒ネットワーク」しかないにも関わらず――、なぜ人々はそれを「サイバースペース」という《空間的》なイメージで捉えているのだろうか、と...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




[メディア関連ブログ記事]
関連のブログ最新記事はありません

[メディア関連の無料のレポート情報]
【0億円配布戦略】わずか5分で分かる、無料レポ3千部配布戦略

僕は、このレポートを作成する2週間前、
【0億円ライティング】という無料レポートを作成しました。



そして、レポート公開後、
部数10000部を超えるメルマガ発行者の方々が、
次々と僕のレポートを紹介し、多くの人の手に渡っ…

音声ファイルをHPやブログにアップロードする方法

この度は「超簡単、音声ファイルをHPやブログにアップロードする方法。
専用ソフトを無料プレゼント!」無料レポートをダウンロード頂きありがとう
ございます。
最近、特にHPやブログ等のメディアで音声を聞く機会が増えてきました。…



スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
Top
http://medianet.blog103.fc2.com/tb.php/856-368794bf
HOME
copyright © 2005 テレビ ラジオ メディア情報 all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
ブログ内検索

キャンペーン



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。