新着!!トピック

LET’S TRY!

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メディア ネット ニュース テレビ 映画・・・。 ネットに溢れる様々な情報をザクザクローディング!
メディア 情報サーチ
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
[20070719]
ZN-VP2G-WGMP3およびWMAの再生とMicrosoft Windows Media DRM 10をサポートする定額制音楽配信...
 政府の国政広報処と記者協会やPD連合会、言論労組、インターネット新聞協会の4つのメディア関連団体がまとめた「記者室統廃合のフォロー策に関する合意文(案)」の中に、「政府と言論団体は国家保安法が言論の自由に障害となるという認識で一致し、国家保安法の廃止に向け共に努力する」という項目が盛り込まれていたことがわかった。これは国政広報処が10日、メディア関連団体との共同声明文を発表したことで明らかになった。合意文に含まれたそのほかの13項目も、政府による取材封鎖が引き起こした事態を打開する上で何の助けにもならないような、本質からかけ離れた内容が列挙されているだけだった。 今回の合意文の作成に先立ち、盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領は先月17日、4つの言論団体の代表を招いて討論会を開いた。この際、記者協会の会長を務める人物から国家保安法の廃止を求める主張が登場した。この人物は、「国家保安法は言論の自由とは相いれない法律だ」とし、「国家保安法についても(記者室統廃合問題と)あわせて論議してはどうか」と語った。国民の知る権利を遮断する取材統制問題について議論すべき場面で、国家保安法の話がなぜ出てこなくてはならないのか、「やぶから棒」とはまさにこのことだ。 現行の国家保安法のもとでも、所定の手続きさえとればいくらでも北朝鮮の情報を得ることができ、また北朝鮮を訪問して取材することもできる。国家保安法がもとで制限される取材とは、内容がわれわれにとって有害で、北朝鮮を利する行為にほかならない...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




[メディア関連ブログ記事]
関連のブログ最新記事はありません

[メディア関連の無料のレポート情報]
”笑っていいとも!”のちょっと引いちゃう裏側

あの”あいのり”ハオロンがフジテレビ系列人気番組、笑っていいとも!に出演したときのちょっと引いてしまう裏話です♪…

1日で10万稼ぐアフィリエイト術!サクット軽量版

1日で10万初心者でも稼げる、誰もがやらない方法とは!?

テレビ局をはじめとする大手企業が使ってるあの手法!

これを個人に利用する手はありません!

しかし、個人で利用している人はほとんどいない!
(もったいない涙)





スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
Top
http://medianet.blog103.fc2.com/tb.php/475-0629f2cb
□ -

管理人の承認後に表示されます
2007-08-11(Sat) 13:26 |  
HOME
copyright © 2005 テレビ ラジオ メディア情報 all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
ブログ内検索

キャンペーン



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。