新着!!トピック

LET’S TRY!

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メディア ネット ニュース テレビ 映画・・・。 ネットに溢れる様々な情報をザクザクローディング!
メディア 情報サーチ
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
[20070702]
脂があるけどサッパリ感、箸でつまむと中骨に小骨がついてきます。上品な脂質の国内産ニシンの...
 Googleは米国時間6月25日、Microsoftが計画する「Windows Vista」への修正は、同社の独占禁止法に関する懸念を一掃するには疑問が残ると述べた。 CNET News.comは、米国地方裁判所のColleen Kollar-Kotelly判事にGoogleが提出した7ページの資料を入手した。そのなかで、Googleの顧問弁護士は「Vistaがデスクトップ検索製品の選択肢を公平に提供し、最終判決に従ったものになるには、改善が必要である」と書いていた。 この書類は、Kollar-Kotelly判事が政府とMicrosoft双方の弁護人から状況を聞く聴聞会の前日に提出された。聴聞会は年4回ワシントンで開催されている。同判事は、2002年の独占禁止法訴訟におけるブッシュ政権との和解を受けて、Microsoftの法令遵守状況を監視してきた。 Microsoftは先週、米規制当局と共同で裁判所に提出した資料の中で、Vistaのデスクトップ検索機能に関して3つの対策を講じることに同社が同意したことを明かした。 1つ目の対策は、競合するブラウザやメディアプレーヤーと同じように、コンピュータメーカーと個人の双方がデフォルトのデスクトップ検索プログラムを選択できるメカニズムを用意するというもの。2つ目は、「Windowsが検索結果表示用に新しいトップレベルのウィンドウを開いたら必ず」デフォルトのプログラムを起動するというものになっている。そして3つ目は、「Vistaのデスクトップ検索インデックスはバックグラウンドで動作する設計とし、コンピューティングリソースの優先権はサードパーティーのデスクトップ検索製品や各社の検索インデックスなど、ほかのソフトウェア製品に譲る」ことをソフトウェアメーカー、コンピュータメーカー、ユーザーに伝えるというものだ...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




[メディア関連ブログ記事]
関連のブログ最新記事はありません

[メディア関連の無料のレポート情報]
大丈夫!?個人情報漏洩 ~あなたの個人情報は既に漏れている!?~

最近、頻発している情報漏洩・・・
あなたはこのニュースを見て、何を思いましたか?

 「私には関係ないや」

なんて思ったりしていないですよね?


普段生活している日常、
その中での情報漏洩なんて多々あります。

こ…

知らないと危険です!多段階報酬のだましの手口!

あなたは、ティアプログラムとか、多段階報酬制というのをお聞きになったことがありますか?

 というよりも、そういうプログラムに参加していたり、検討していたりしませんか?

 多段階報酬制の仕組自体には、違法性はありません。

 …



スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
Top
http://medianet.blog103.fc2.com/tb.php/333-cb00634d
HOME
copyright © 2005 テレビ ラジオ メディア情報 all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
ブログ内検索

キャンペーン



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。